1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > ボディーワーク
  4. > ヨーガ・ピラティス
  5. > インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮)
  1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > リハビリテーション・スポーツ医学
  4. > トラディショナル医療
  5. > インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮)
  1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > ヒーリング・精神世界
  4. > 瞑想・マインドフルネス
  5. > インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮)

インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮)

  • 画像はありません GAIABOOKs

基本情報

著者
木村 慧心
ISBN 978-4-86654-041-2
定価 予価2,800円+税
発売日 2020年9月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮)

2019年2月、筆者はWHO(世界保健機構)の伝統医学・相補代替医療部門とインドのAYUSH省から招聘を受け、インドの首都デリーで世界各地を代表するヨーガ療法の専門家20人と共に会議に臨み、ヨーガを指導する上での細かな国際基準を策定した。これは世界人類の健康問題を扱うWHOが既に、ヨーガを単なるエクササイズではなく、他の医療システムと同様な健康促進システムと認知していること表している。

今後も増え続けるであろうヨーガ人口を鑑みれば、個々の生徒やクライアントに対しての的確なアセスメント(評価)とその心身状態に向けての個人指導プログラムを作成して指導できる技量を養う必要がある。本書はそのために生まれたヨーガ療法指導の核心部分の一つであるヨーガ療法ダルシャナ技法について7つのステップを通して分かりやすく、実践的に書かれた教本である。

「サイコセラピー(心理療法)」とは、訓練を受けた専門家が情緒的な問題を抱える人々との間に信頼関係を構築したうえでおこなう療法である。
「教示」「対話」「訓練」などを通して認知や情緒、行動などに変容をもたらし問題の解決に寄与していき、人々の精神的健康の回復、保持、増進を図ろうとするのが目的である。現代医学から生まれたこの言葉を体現する技法(対話術)がインドでは約5000年も前に生まれており、叡知として連綿と受け継がれている。それこそがこのダルシャナ技法の核である。

様々なストレスや不安などから情緒的な問題を抱えてしまう人が爆発的に増えている昨今、解決への明確な道のりを見つける上で現代医療とともにこのインド古来より続く心理療法は大きな光となる。そのための導書として一人でも多くのヨーガ療法士が本書で示した理論と技法を活用し、苦しむ方々への一助となれるよう本書を役立てて欲しい。

はじめに

第1章:伝統的ヨーガとヨーガ療法
1.伝統的ヨーガのダルシャナとは
2.ヨーガ療法ダルシャナとは
3.ストレス社会到来とヨーガ療法
4.ストレス・マネージメント法としての心身医学
5.心身医学からみたストレスとストレス疾患
6.アーユルヴェーダ医学からみた心身相関疾患
7.ヨーガ・スートラからみた心身相関疾患
8.バガヴァッド・ギーターからみた心身相関疾患


第2章:ヨーガ療法の見立て(アセスメント)と指導(インストラクション)理論
言語によるヨーガ療法ダルシャナ(YTD)技術とアセスメント法
1.ヨーガ療法ダルシャナ(YTD)問題理解の4原理
2.心理社会的ストレッサー
3.ヨーガ療法ダルシャナ教育レベル1 〜4教育の概説


第3章:ヨーガ療法ダルシャナ(YTD)の指導理論
1.チャーンドーギヤ・ウパニシャッド 第四篇に見るヨーガ療法ダルシャナ指導理論
2.ヨーガ療法ダルシャナ(YTD)の対人支援基本原則


第4章:ダルシャナ・レベル1
4 Stepsからなる問題理解6P原理と対人支援基本原則(7BP)
インテーク・インタビュー面接(II)
インフォームド・コンセント合意(IC)取得
1.ウパニシャッド聖典にみるダルシャナ技法
2.Step 1:4ステップからなるヨーガ療法ダルシャナ・レベル1.
3.言語的介入/インテーク面接の要領
4.初回インテーク面接時のヨーガ療法ダルシャナ
5.Step 2:<問題の絞り込み>(各種心理/半構造化面接得点+言語ダルシャナ)
6.Step 3:<2P /専門家YTからの理智の見立てと技法提供>無智誤認知見立ては伝えない
7.古典に見る理智の見立て:ヨーガ・スートラにみるダルシャナ・アセスメント技法
8.人間五蔵説と人間馬車説を念頭においてインテーク面接(Intake Interview)する
9.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル1 Step 2と3のまとめ:ヨーガ療法における心身療法から得られる健康促進効果
10.研究費補助・厚生労働省・国立研究開発法人日本医療研究開発機構・統合医療研究助成
(2015年H27, 2016年H28, 2017年H29)3年経年研究助成金による調査研究
11.熊本地震とPTG効果
12.Step 4:<インフォームド・コンセントInformed Consent(合意)を取る>
13.まとめとヨーガ療法ダルシャナ(YTD)問題理解の4原理.
14.4 Stepsからなる問題理解6P原理と対人支援基本原則(7BP)ダルシャナ講座・レベル1


第5章:ダルシャナ・レベル2
5 Stepsからなる行動の変容を促すヴェーダ瞑想指導
“インド五千年の智慧である各聖典に従った行動の変容の仕方を学ぶ”
1.はじめに
2.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル 2
─5 Stepsからなる行動の変容を促すヴェーダ瞑想指導─
“行動の変容を促すヴェーダ瞑想指導”の為の学び
3.理智の心理作用(Vṛtti)理想型を学ぶ..
4.フォローアップ面接毎に行う情報を収集する(病歴・病状・治療歴等).
5.ヴェーダ瞑想テーマの分類
6.気づきの言語化の有用性と危険性について
7.理智教育(理想的行為を基準に準拠)としてのヴェーダ瞑想テーマ選定
8.ダルシャナ・レベル2 5 Stepsからなる行動の変容を促すヴェーダ瞑想


第6章:ダルシャナ・レベル3
6 Stepsからなる誤認知の修正とヨーガ療法ダルシャナ
1.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル3,6 Stepsからなる誤認知の修正とヨーガ療
2.ウパニシャッド聖典にみる認知機能の修正の大切さ
3.心身次元の客観視の技法.
4.理智機能修正のプロセス
5.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル3,6 Stepsからなる誤認知の修正とヨーガ療法ダルシャナ
6.ヨーガ療法ダルシャナの禁忌
7.感情の理解
8.SOC質問票1)把握可能感・2)処理可能感・3)有意味感の三要素
9.執着/誤認知の対象物を替える試みSOC 3)有意味感
10.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル3,6 Stepsからなる誤認知の修正とヨーガ療法ダルシャナまとめ


第7章:ダルシャナ・レベル4
7 Stepsからなるラージャ・ヨーガによる誤認知と執着の修正とヨーガ療法
1.解脱への三年間 スワミ・ヨーゲシュワラナンダ大師“魂の科学”より
2.ダルシャナ・レベル 4,7 Stepsからなるラージャ・ヨーガとヨーガ療法ダルシャナ
3.チャーンドーギヤ・ウパニシャッド 第八篇 真我の世界
4.ヨーガ療法ダルシャナ・レベル 4.


まとめ
三年間32回に渡るヨーガ療法士養成講座
引用文献

インド5000年のサイコセラピー ヨーガ療法ダルシャナ(伝統的ヨーガにもとづくヨーガ療法標準テキスト)(仮) の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

同テーマの書籍

このページのTOPへ