1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > 食・ワイン
  4. >
  5. > 日本の素敵なオーベルジュ
  1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > ファッション・アート・文化
  4. > 文化
  5. > 日本の素敵なオーベルジュ

日本の素敵なオーベルジュ

中身を見る

基本情報

著者
ガイアブックス編集
ISBN 978-4-88282-970-6
定価 1,800円+税
発売日 2016年9月

『日本の素敵なオーベルジュ』を購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 日本の素敵なオーベルジュ

オーベルジュとは、フランス語で「宿」のこと。それぞれ自慢の食事を提供することがメインで、宿泊設備が備わっている大人の癒しの空間として人気が高まっている。 都会から離れた自然豊かな地域に位置し、地元の食材をふんだんに使い、オーナーシェフが腕によりをかけ、その土地でしか味わえない新鮮で個性的なフルコースを提供。 建物は高級なタイプもあれば、一軒家のシャトータイプやホテルタイプ、ペンションや山小屋にいたるまで様々なタイプがあり、シチュエーションに合わせて選ぶことができる。
日本でも、豊富な自然環境の中で地元のおいしい食材を提供しているオーベルジュの魅力に注目が集まり始めている。 ヨーロッパ風のオーベルジュだけでなく、伝統的な日本家屋で和食のフルコースを提供しているところもあり、個性豊かでさまざまなタイプのオーベルジュに、本書で出会うことができる。 インテリアや内装も思い思いにこだわり、窓から見える景色も季節ごとに移り変わり、最高のインテリアとしてそこに存在し、さらなる非日常を演出している。

本書は、熱意のこもったシェフの個性ある魅力がたくさん詰まった、日本のオーベルジュを普及させる目的で編集・出版された。 各界の著名人によるコラムも掲載。 48の厳選されたオーベルジュが、各自の魅力を余すところ無く自由に紹介し、日本の素敵なオーベルジュの競演を実現させた待望の一冊。

5人の著名人によるコラム掲載
勝又登(オー・ミラドー オーナーシェフ、日本オーベルジュ協会理事長)/山本博(弁護士、著作家、ワイン評論家)/服部幸應(料理評論家、教育者) /久保 征一郎(株式会社ぐるなび 代表取締役社長)/玉村 豊男(エッセイスト・画家・農園主・ワイナリーオーナー)

判型:B5 (182×257mm)
ページ数:160頁

はじめに
コラム① 勝又 登 (オー・ミラドーオーナーシェフ)

北海道
 エルバステラ
 ソラ
 マッカリーナ
 十勝オーベルジュ
 チミケップホテル
コラム② 玉村 豊男(ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリーオーナー)

関東-北陸
 ヴインテージビュー
 ラ・カンパーニュ
 オステリーアヴァンソア
 オーパヴィラージュ
 オーミラドー
 フォンテーヌブロー仙石亭
 オーベルジュ蓮
 オーベルジュ湯楽
 エミール
 秋桜
 HATAGO井仙
 薪の音

長野
 アルムハウス
 エスポワール
 グルービー
 コロシアムイン蓼科
 シェマリー
 つつじとかえで
 シャレーグリンデル
 プリマヴェーラ
 メイヤの樹
 ラプーサン
 トロイメライ

静岡
 キャトルセゾン
 クラリス
 サンジュリアン
 ティアラ
 花季
 ミヨー
 ルタン

関西
 メソン
 長楽館
 ナカザワ
 まっつる
 ナーレ
コラム③ 山本 博 (弁護士)

中国・四国
 レオソレイユ
 天空
 ゆらぎ
 オオイシ
コラム④ 服部 幸應(食育)

九州・沖縄
 アマファソン
 あかだま
 楓乃木
 ラウー
コラム⑤ 久保征一郎(ぐるなび社長)

51音順リスト

日本の素敵なオーベルジュ の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

『日本の素敵なオーベルジュ』を購入する

このページのTOPへ