1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > 食・ワイン
  4. > ワイン
  5. > 新ワイン学

新ワイン学

中身を見る

基本情報

監修者
戸塚 昭(編集幹事)、東條 一元(編集幹事)
著者
安蔵 光弘、他16名
推薦者
山本 博
ISBN 978-4-86654-007-8
定価 3,400円+税
発売日 2018年11月

『新ワイン学』を購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 新ワイン学

ワインの科学、ワイン原料用のブドウ、ワインの醸造工程、ワインの貯酒・熟成・製品化、ワインの唎酒の5つの章から成る本書は、幅広くワインを知りたい読者にとって価値ある一冊となっている。
特に醸造工程の章は大幅に改訂され、現在使用されている製造機械も多く掲載されている。
製造機械の発展によって、ワイン造りも以前とは違うものになってきている様子も、本書から読み取れる。

1998年に発刊された『ワイン学』から20年を経て、ワインにまつわるさまざまな角度から、現代の傾向と進化を反映させた『新ワイン学』として登場。
専門的な内容でありながら、一般消費者の方、流通に従事されている方にもわかりやすく読みやすい構成を心がけた待望の一冊。

判型:A5 (210×148×20mm)
ページ数:292頁


執筆陣
東條 一元/清水 健一/川邊 久之/萩原 健一/勝野 泰朗/後藤 奈美/松本 信彦/安蔵 光弘/島崎 大/小林 弘憲/武井 千周/恩田 匠/土屋 幸三/伊藤 和秀/工藤 雅義/村上 安生/久保 將

編集幹事・執筆者詳細(画像をクリックすると拡大します) 0

1章 ワインの科学
1. ワインの成分
2. 微生物

2章 ワイン原料用ブドウの栽培
1. ブドウ栽培条件
2. ブドウ生育サイクル
3. 栽培管理・病虫害とその防除
4. ブドウの収穫
5. ブドウ品種
6. DNA解析によって明らかになった類縁関係

3章 ワインの醸造工程
1. 総論
2. ワイナリーの設備
3. 赤ワインの醸造
4. 白ワインの醸造
5. ロゼワインの醸造
6. 発泡性ワイン
7. その他のワイン醸造

4章 ワインの貯酒・熟成・製品化
1. ワインの貯酒・熟成
2. 製品化・壜詰
3. ワインの品質劣化

5章 ワインの唎酒
1. 総論
2. テイスティングの実際

新ワイン学 の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

同テーマの書籍

『新ワイン学』を購入する

このページのTOPへ