1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > リハビリテーション・スポーツ医学
  4. > 理学療法・作業療法
  5. > 理学療法白書2019

理学療法白書2019

  • 画像はありません GAIABOOKs

基本情報

著者
公益社団法人 日本理学療法士協会・編
ISBN 978-4-86654-032-0
定価 2,500円+税
発売日 2019年12月

『理学療法白書2019』を購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 理学療法白書2019

近年、理学療法士が関わる職域は多岐にわたるようになり、日本理学療法士協会では様々な社会のニーズに応えながら、理学療法士が集う唯一の学術および職能団体として皆様へ貢献できるよう、積極的に活動を展開している。
その活動を広く皆様にお知らせするために、分かりやすいレイアウトとカラフルな紙面で「白書」を作成した。

日本理学療法士協会の活動実績や統計・資料データに基づいた理学療法(士)の現状や、理学療法士を取り巻く状況や養成と教育、国際に関する取り組みなどを、詳細な資料・統計と共に掲載し、今後の展望を分かりやすく示した内容となっている。

災害支援活動やボランティア、SNSなど広告に関するリニューアルなどは、トッピックス&コラムにて掲載。より身近に本会の活動を感じることができる構成となっている。


判型:B5判(257×182mm)仮
頁数:140ページ 仮
色数:4C
製本:並製

●編者について
公益社団法人日本理学療法士協会
理学療法士によって構成される職能団体。1966年に設立され、法人の設立は1972年である。理学療法に関する啓蒙、啓発活動や理学療法士の利益を守るための社会的活動などを行っている。

発行にあたって
第Ⅰ章 理学療法士を取り巻く状況 
1 指定規則と臨床実習教育の改定を受けて
2 2018年度診療報酬・介護報酬の影響調査
3 地域包括ケア病棟、訪問リハ・通所リハ・生活機能向上連携加算・介護保険における医師の指示の在り方、精神科領域の調査
4 地域包括ケア病棟調査(在宅からの受け入れ、急性期からの受け入れで異なると考えられるリハビリテーションの在り方を検討)
5 新人教育プログラムから登録理学療法士の5年更新制度へモデルチェンジ
6 理学療法に関わる研究助成事業

第Ⅱ章 活躍する理学療法士
1 多様な領域で働く理学療法士
2 温泉を活かした健康づくり

第Ⅲ章 理学療法士の養成と教育
1 学術研修大会と学術大会の役割(大項目)
・第53回日本理学療法学術大会の開催(分散開催)の意味と効果(小項目)
・第53回日本理学療法学術研修大会in茨城の開催の経緯・意図・効果(小項目)"
2 病期別理学療法管理モデル構築・普及促進事業

第Ⅳ章 国際に関する取り組み
1 第2回アジア理学療法フォーラム
2 アジア次世代ミーティング

第Ⅴ章 資料・統計
1 会員の性別年齢分布
2 会員数の推移(男女別)
3 会員数の推移(都道府県別)
4 年度別入会者数(10年間)(都道府県別)

理学療法白書2019 の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

同テーマの書籍

『理学療法白書2019』を購入する

このページのTOPへ