1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > 自然療法・統合医療・健康
  4. > 自然療法・セルフヘルプ
  5. > 動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉

動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉

中身を見る

基本情報

監修者
鷲巣 誠
著者
スティーブン・R・ブレイク
ISBN 978-4-86654-017-7
定価 2800円+税
発売日 2019年5月

『動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉』を購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉

愛する動物たちのための、安心安全な新しい自然療法=ジェモセラピー<新芽療法>

ジェモセラピーは、解毒を目的として1950年にベルギーで研究が始まり、1971年にフランスで臨床結果が発表され医療テクニックとして確立されて現代に至るまで、欧州医学界で人間医療の過程で活用されています。

発芽から新芽に伸びていくときに、最大のパワーを発揮する種子には、活力(エネルギー)が凝縮して詰め込まれ、栄養の宝庫となっています。そのエッセンスがジェモセラピーです。 ジェモセラピーはエネルギーブロックを起こした臓器の気の流れを刺激して、有害物質を対外に排出することに役立ちます。動物たちは全身の代謝が良くなりストレスが解消されることで、身体の不調が改善され元気を取り戻します。

ジェモセラピーは、様々な症状・年齢・動物種に対応しており、犬・猫・動物園動物にまで用いることができます。大きな利点として、内科療法あるいは化学療法を行っている薬剤投与の選択が難しい症例に対しても安心して使えます。ジェモセラピーは水に入れても抵抗なく飲めるので、投与が非常に簡単で、飼い主の負担も軽減でき、無理なく継続できる自然療法です。

ジェモセラピーはフィトセラピー、アロマセラピー、ホメオパシー、鍼灸治療など各種自然療法や現代西洋医学と組み合わせることで、各種療法をより効果的にすることが実証されており、身体が素直に反応を示すので即効性を実感しやすいという特徴もあり、動物の代替・補完医療として活用されています。


判型:A5判
頁数:184ページ
製本:並製


●著者、監修者について
スティーブン・R・ブレイク(Stephen Reeve Blake)
獣医師。米国カリフォルニア州在住。30年以上の動物代替療法の研究と実践を基に、ジェモセラピーによるペットの健康管理にいち早く注目。ジェモセラピーの普及に尽力している。

鷲巣 誠(わしず まこと)
獣医師、PhD(U.C.Davis)、日本獣医小動物設立専門医。アニマルウエルネスセンター 顧問。元岐阜大学教授。一般社団法人比較統合医療学会理事。

免責事項
はじめに
献辞
序文
緒言
急性あるいは慢性の状態
投与量について
ペットに対する身体検査チェックリスト
一般的な疾患
にきび
攻撃性や狂犬病症状
関節炎
耳血腫
咬傷と刺傷
胃捻転
熱傷
結膜炎
発作
発咳
膀胱炎
虫歯あるいは膿んだ歯
変性性脊髄症
糖尿病
下痢
外陰部分泌物
犬や猫の咬傷
耳の感染
ミミダニ
騒音恐怖症
食物や廃棄物による中毒
ウジ
エノコログサや異物
歯肉炎と口内炎
心臓病
股関節形成不全
急性湿疹(hotspots)
前房蓄膿(眼疾患)
感染
椎間板疾患(すべり症)
掻痒
腎不全
肝障害
疥癬
鼻出血
過熱
産褥期
前立腺疾患
ガマ腫
停留精巣
白癬
皮膚感染症や発疹
ヘビによる咬傷
くしゃみや鼻づまり
脊椎炎
捻挫や筋違え
甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症)
甲状腺疾患(甲状腺機能低下症)
尿失禁
嘔吐
排液と解毒
ジェモセラピー用治療薬
(一般名)
ジェモセラピー用治療薬
(学名)
ジェモセラピー薬物学
一般状態からみたジェモセラピー治療薬使用法
動物のケアにおいて最も使われているジェモセラピー
資料や入手
参考図書

動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉 の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

同テーマの書籍

『動物の健康回復のためのジェモセラピー〈 新芽療法 〉』を購入する

このページのTOPへ