1. ガイアブックスホーム
  2. > 本を探す
  3. > リハビリテーション・スポーツ医学
  4. > 理学療法・作業療法
  5. > エビデンスに基づく高齢者の作業療法

エビデンスに基づく高齢者の作業療法

基本情報

監修者
金子唯史
著者
アニタ・アトウォル、アン・マッキンタイア
訳者
吉水淳子
ISBN 978-4-88282-931-7
定価 3,600円+税
発売日 2014年11月上旬

『エビデンスに基づく高齢者の作業療法』を購入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介 エビデンスに基づく高齢者の作業療法

高齢者を対象とした作業療法士のための実践的専門書。原著2版となる本書では、最新のエビデンスを追加したほか、豊富なケーススタディ、日本未導入の評価ツールも意欲的に紹介している。多くの作業療法士にとって馴染みの深いWHO(世界保健機構)によるICF(国際生活機能分類)をベースに、高齢者を取り巻く社会的状況や健康状態、加齢が心身機能に及ぼす影響、加齢と身体構造や、高齢者に見られる疾患、社会活動への参加とコミュニケーションについて体系的に読み解き、クライエントへの創造的な介入法を示す。高齢社会における作業療法の現場において、知識と臨床の架け橋となる貴重な一冊。

第1章 序論
本書の活用法/作業療法の実践の課題/ICFと作業療法/枠組みとしてのICFの活用/高齢者に関わるようになった理由

第2章 老化の視点
老年期とは?/個人因子と老年期/老化理論/生物学的な老化理論/有病状態の圧縮理論/心理社会的な老化理論/生物心理社会的な老化理論/障害を有する人の老年期/高齢者と作業的公正/作業的移行/サクセスフル・エイジングと作業的公正

第3章 高齢者の社会的状況
年齢差別─態度、価値観、先入観、固定観念/異文化間の視点/高齢者の社会的ネットワーク/社会的支援の種類/支援ネットワークの類型/高齢者の社会的状況の成員としてのペット/社会的支援のリソースとしての医療専門職/社会的状況の機能不全/社会的状況、健康、寿命/社会的状況と意味のある作業/作業療法士にとっての意味

第4章 作業療法の実践に関する政策とその意味
世界的な視点/国際的状況/イギリスの社会政/協働的実践/結論

エビデンスに基づく高齢者の作業療法 の感想/レビュー

弊社に寄せられたレビュー

レビューはまだありません。

全てのレビューを見る(0件)

同テーマの書籍

『エビデンスに基づく高齢者の作業療法』を購入する

このページのTOPへ